就活でのエントリー数はどのくらい? 少ない? 多い?

スポンサーリンク

就活を始めた時、企業のエントリー数には迷います。

何社にエントリーすればいいのでしょうか?

迷えばエントリー数は30社にしよう!

私は30社くらいにエントリーしていました。しかし、30社は多いと感じます。もちろん、エントリー数は人によりけりです。結局は一つの会社についてどれだけ企業研究ができているのかということが大切になります。

その会社について深く調べていないことが面接官にばれると、落とされます。何故なら、面接官は自分の会社について熱意が無い人は取りたくないからです。

熱意が無い人=会社について知らない、知識が無い人 となります。

ということは一つの企業について企業研究を行う時間は多くとらないといけません。そのためには多くの時間が必要です。

そうすると必然的に受ける企業の数は少なくなると思います。

ベストは20社!

私の考えとしてはエントリーする企業の数は、20個以下にして置くのがベストです。

スポンサーリンク

私は30個の企業にエントリーしていましたが、全ての企業において企業研究がおざなりになってしまいました。そのため、面接で企業研究があまりできていないことがばれてしまいました。

20社の内訳はこちら!

20個以下に企業を絞ることができたらその企業の中でも

本命企業

第二本名企業

滑り止め企業

面接練習のために受ける企業

に分けて対策を行った方が良いです。

このように分類わけして面接対策をして行くことで、落ちた場合の精神的ダメージを分散させることができます。もちろん本命企業の対策は120%で行ってくださいね。

面接練習のために受けに行く企業はパンフレットをパラパラっと見るだけで良いと思います。

企業研究よりも自己アピールの場に使いましょう。

まとめ

以上のことを踏まえ、企業のエントリー数は数を打つのではなく、自分が企業研究をカバーできる範囲で行いましょう。私の経験上、ベストは20社です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする