海外旅行での買い物には、現金よりデビットカードがおすすめ

スポンサーリンク

こんにちは!

海外旅行では買い物などをする際に、現地通貨が必要です。日本円では買い物できません。

日本円→現地通貨 への両替が必要になってきます。

実は、現地の両替所での、現金の両替は手数料が高いことが多いです。

そこで、デビットカードであれば、現地レートで自動換算されての決済になります。

そのため、手数料は割安ということになります。

そのため、私は現地での買い物は「デビットカード」をメイン使用しています。

「現金」は少量というように使い分けています。

では、どのようなデビットカードがいいのでしょうか?

クレジットよりもデビットカードが良い理由

クレジットカードも良いのですが、使いすぎに心配な方もいますよね。

そんな方におすすめなのがデビットカードです。デビットカードは使ったその瞬間、口座からお金が引き落とされます。

口座にその分のお金が無いと決済完了できず、エラーとなります。

これなら、使いすぎに気をつける必要はありません。

デビットカードは海外でのシェア率が、クレジットカードとあまり変わりないと言われています。クレジットカードのシェア率は日本よりも高い国が多いです。

つまり、デビットカードもシェア率が高いということですね。

VISA、Master、JCBどのブランドが良い?

これは行く国によって違ってきます。

例えば日本ならJCBが一番強いですよね。VISAもどこでも使えます。

Masterはヨーロッパに強いです。JCBは逆に海外では使えない場所もあります。

基本的には今までの経験上、VISAであれば、大抵の国では使えます。

VISAは世界でもシェア率が高いので、不安な人はVISAにしておけばとりあえずOKです。

デビットカードの作成には審査が不要

クレジットカードの作成には審査があります。そのため、審査に落ちる人もいます。

しかし、多くのデビットカードは作成に審査を要しません。(中には、審査が必要なデビットカードもあります。)

そのため、審査落ちという概念がありません。

審査に落ちる人は年齢、収入、金融機関のブラックリストに入っている人などですね。

ブラックリストに入っている人にはデビットカードの作成は少し厳しいかもしれませんが、

・現金を生で持つのは少し不安

・クレジットカードもあまり好きじゃない

という方には作成がおすすめできます。

スポンサーリンク

 

現金主義の方には特におすすめです。実際に現金をレジで出すことが、カードで即引き落としに変わっただけなので、実質決済方法は同じだからです。

レジで現金を出しているのとなんら変わりはありません。

ソニーバンクウォレットがおすすめ!

私がおすすめしたいのはソニーバンクウォレットです。

ソニーバンクウォレットとはソニー銀行が提供している、ソニー銀行口座とVISAカードがセットになったカードです。

ソニーバンクウォレットはVISAクレジットカードでは無く、VISAデビットカードです。

予め、ソニー銀行に外貨口座を作り、外貨預金をしておきます。

そして、海外でソニーバンクウォレットカードでデビットカードで決済をすると、その外貨で支払うことができます。

しかも、手数料は無料です。

外貨預金のための対円の為替コストはこんな感じ。

米ドル、ユーロ

15銭

英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン

45銭

香港ドル

9銭

ブラジルレアル

90銭

人民元

30銭

南アフリカランド

20銭

スウェーデンクローナ

9銭

です。

これは基準為替コストであり、シルバー会員、ゴールド会員などとランクが上がるにつれてさらに安くなります。

外貨預金は自分の好きなタイミングでできます。

そのため、円高の時に外貨に替え、使いたい時に使えます。

口座管理手数料も無料です。

即時に引き落とされるのがソニーバンクウォレットのようなデビットカードです。

クレジットカードと違い、引き落とし日までに口座残高の心配をしなくていいのがが良い所ですね。

VISAデビットカードはVISA加盟店でのみしか使えないことには注意が必要です。

まとめ

デビットカードというものを知らなかった人もいたのではないでしょうか。

今回の記事で、デビットカードの認知が広がることを願っています。

クレジットカードよりも安心なデビットカード。クレジットカードでは毎月の請求額に顔が青ざめてしまいますが、デビットカードではそんなことはありません。

しかし、実際に口座から引かれている額は一緒です。ご利用は計画的に行いましょう。

また、デビットカードは口座にお金がないと、決済できません。

そのため、いつも余裕ある残高を残しておきましょう。

海外で入金を行うとなると、手数料がかかってしまいます。それだけは避けたいですね。

スポンサーリンク

コメント