京都府内で免許更新する方法 場所と時間帯もまとめてみた

就活

スポンサーリンク

こんにちは、ぐっちゃんです!

もうすぐ、私にも免許更新の季節がやってきます。実は、初めてです。

「現場であたふたするやろな〜」

と思ったので、リマインドの意味も込めてこの記事を書きました。

京都府内での、免許更新の方法を徹底的に調べました。

・免許更新が迫っている

・免許更新の仕方が初めてでわからない!

って人はこの記事を読んで、勉強してみてくださいね!

では、解説していきます。

京都府運転免許試験場について

まず、免許更新をするためには

「京都府運転免許試験場」

という場所に行かないといけません。

どこやねんそれ?というと

長岡京の羽束師という所です。

京都府京都市伏見区羽束師古川町647

簡単に行ける場所ではありません。交通の便はまあまあ悪いです。車、バイクがあればアクセスしやすいです。

大体の人は電車→バスになると思います。

京都府運転免許試験場への行き方

主な行き方は
・車
・バイク
・電車で長岡京市まで行く→駅近くのバス停からバス

こんな感じ。

 

JR長岡京駅の場合

阪急バス、京都市営バスのどちらかを使います。

JR長岡京駅
↓阪急バス 12号系統
免許試験場前

東口の場合

JR長岡京東口
↓京都市営バス 南2号系統
免許試験場前

 

阪急長岡天神駅の場合
西口の阪急長岡天神駅バス停
↓阪急バス12号系統
免許試験場前

 

バスの所要時間はだいたい15分くらいです。

どのバス停からでも歩いてすぐ着きます。

スポンサーリンク

 

運転免許更新について

免許更新受付
別館へ移動(この時だるまがいるらしいです。どうやら交通安全を願うだるまのようです。)
証紙を購入
申請書の記入
カウンターに提出
視力検査を受ける
暗証番号の設定
事務処理受付
待機、事務処理受付完了
証明書の写真撮影
講習受講
免許証受け取り

という流れになります。こうみるとタスク多いな〜て感じですが、意外とスムーズにこなせました。(2019年5月現在の感想)

更新可能な曜日、時間帯

更新可能な曜日は決まっています。土曜日に行ってしまうと、何もできませんのでご注意を!

月曜日~金曜日、日曜日

午前8時30分~午前9時30分

午後1時~午後2時

 

どのくらいの時間で終わるか

だいたい事務処理類1時間半と講習時間によります。

講習時間は
優良運転者 30分
一般運転者 1時間
違反運転者 2時間
初回更新 2時間
くらいです。初回はどうしても時間がかかってしまいます。大学生などは初回の方がほとんどだと思うので要注意です。

必須持ち物リスト

そこまで、必要な物は多くありません。一般的な物ばかりです。更新ハガキを忘れると一発アウトなので、注意ですね。

・運転免許証
・更新ハガキ
・手数料

京都駅前運転免許更新センターができた

なんと、京都駅前に運転更新センターができてたらしいのです。なので、ここでも免許更新ができます。羽束師に比べると交通の便はマックスで良いですね。

ただ、条件があります。

それは

・優良運転者(ゴールド免許)

・高齢運転者(70歳位以上)

のどちらかでないと行けません。

事故をしてなければ皆さん優良運転者ですので、大体の方は当てはまるのではないかと思います。

まとめ

運転免許試験場が羽束師にあり、少し交通の便は悪いです。

が、ドライバーの方(ペーパー含め)免許更新は誰もが避けて通れません。

うっかり更新期日を過ぎて、

「うわっ最悪や!免許、取り直しせなあかんやん!」

とはならないように気をつけましょうね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました