ルアンパバーンで必須の観光地のお寺 ワットシェントーン

ラオスのルアンパバーンに到着して最初に行った場所がワットシェントーンです。

世界遺産に登録されています。この寺というより、ルアンパバーンの町全体が世界遺産となっています。

ラーンサーン王朝の時のセーターティラート王によって1560年に建てられました。目の前にはメコン川が位置しています。中学校の時くらいに社会の授業で習いましたね。

f:id:gucci1119:20171201235733j:image

けっこう観光客は多いです。

中の様子

f:id:gucci1119:20171201235753j:image

f:id:gucci1119:20171201235814j:image

f:id:gucci1119:20171201235836j:image

ワットシェントーンの位置情報とアクセス

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする