【ラオスの凱旋門】パトゥーサイがおすすめ観光スポットの理由

旅行

スポンサーリンク

こんにちは、ぐっちゃんです!

 

皆さん、ラオスのビエンチャンに、あの有名な凱旋門があるのを知っていますか?
その名も「パトゥーサイ」です。

 

外観が美しく、パリの凱旋門を連想させてくれます。
ビエンチャン観光の中では、一番良かったです!!(感動しました、、、)

 

今回は、ラオスの凱旋門と呼ばれる、「パトゥ―サイ」についてご紹介していきます。

パトゥーサイとは?

パトゥーサイって何なの?って方に、、、、

 

パトゥーサイ(patuxay)は、ラオス語で「勝利の門」という意味です。
パリの人気観光地である「凱旋門」が参考にされています

 


パトゥーサイの真下を通っている「ラーンサーン通り」も、シャンゼリゼ通りを見立てて作られました。

 

パトゥーサイは、ビエンチャンのシンボル的な存在です。
パトゥーサイの屋上からは、ビエンチャンの街を一望できます。

パトゥーサイの位置情報とアクセス

周りは大広場になっています。

 

けっこう周囲は都会で、観光客もたくさんいました!

パトゥーサイの見所

正式名称はアヌサーワリー・パトゥ―サイと言います。

スポンサーリンク

 

ラオスは昔、フランスの植民地でした。
そのため、フランスのパリの凱旋門に見立ててこの凱旋門が作られました。

 

1962年に内戦の終結とパテートラーオの勝利を記念し、建設がスタートしました。
しかし、資金繰りが難しく、建設がストップしてしまいました。
そのため、現在も未完成のままの観光地となっています。

 

パトゥ―サイは一番上の8階まで登ることができます。
そこからはヴィエンチャンの市内を一望できます。

 

登る途中には、天井の絵などをチェックしてみるのもおすすめです。
とっても美しいですよ!

 

東南アジア特有というか、独特のお土産屋さんなどもあります。
(訳の分からないものも売っています。これはあまり言いたくないですが、ガラクタとかも、、、 
 おもしろいものもありますよ!)

 

安くレアなご当地土産もあるので、是非買ってみてください。

まとめ

 

今は財政の関係上、建築がストップされています。
生きているうちに完成版を見てみたいですね。
もう一回行くしかないと思っています笑

 

 

外は、洋風のオシャレな外観です。
中は、東南アジアっぽいお土産屋さんが一杯です。

 

 

一押し観光スポットですので、是非訪れてみてください!

 

 

東南アジアは、歴史が深くて面白いです!
観光スポットに行くと、色んなことが想像できるんですよね~

 

 

それでは!!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました