ヨーロッパの国鉄乗り放題のユーレイルパス。旅程の書き忘れに注意!

スポンサーリンク

ヨーロッパの国鉄を乗り放題で利用することができるユーレイルパス。

お得に旅ができるということで非常に人気です。

しかし、あるポイントに注意しないと痛い罰金を取られることも。

では、どんなことに注意すればいいのでしょうか? ユーレイルパスの概要と共に解説していきます。

ユーレイルパスとは

ヨーロッパの国鉄が乗り放題になるチケットです。日本で言うならばJRの新幹線が乗り放題といったところでしょうか。

とてもお得にヨーロッパ旅行ができます。そのため、これからヨーロッパに旅行に行く方にはおすすめしたいチケットなんです。

注意すべきポイント

旅程を書き忘れたまま電車に乗ってはいけません。

これがバレると、車掌さんによっては罰金を請求してくることがあります。

ユーレイルパスには、チケットと一緒に紙のカバーのようなものがついています。

スポンサーリンク

そのカバーの見開き下に、使用する駅や日付を書く「旅程表記入欄」があります。

そこに記入が無いと、違反乗車と見なされます。そして、罰金を取られることがあります。

このことは、公式のユーレイルパスの注意事項欄にもしっかりと書かれています。

そのため、当然罰金を請求されても文句は言えません。

泣き寝入りとなってしまいます。

きちんと、ユーレイルパスの金額を払っているにも関わらず罰金を払わなければならないなんて、悲惨ですよね。

なので、絶対に旅程表の記入を忘れないようにしましょう。

まとめ

ヨーロッパの国によっては、ユーレイルパス以外にも罰金の取り締まりが厳しい場所もあります。(ex. イタリア ベネチアの水上ボート)

何も知らない観光客から、罰金を平気で取ってきます。

自分の身は、自分で守りましょう。知っていれば防げることもたくさんあります。

事前に、きちんと調べておくことが非常に大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする