アフィリエイトの確定申告で副業が会社にばれない方法とは?

副業

スポンサーリンク

アフィリエイトでは稼ぎが増えてくると、確定申告をして、税金を納めなくてはなりません。

しかし、サラリーマンの方などは「会社にばれるのではないか?」と不安を抱えている方も多いでしょう。

今の日本の状態として

・副業が流行りだしている
・ベンチャー企業など、会社によっては公式に副業OK
・昔ながらの体質の企業は副業NGが多い
・マイナンバー制度によって副業をしていることがばれやすくなった

という感じです。

副業をしていることが会社にばれてしまうケースとして王道なのが、「住民税の金額が合わない」ことです。

そうならないためには、しっかりとした方法で確定申告を行う必要があります。確定申告をせず、アフィリエイト収入を得続けるのは非常に危険です。

副業がバレる仕組み

マイナンバー制度によって、絶対に会社にばれる!という訳ではありません。

正しい確定申告を行えば会社にばれるのを防ぐことができます。

確定申告で非常に重要になってくることは住民税です。

サラリーマンで普通の会社務めの方の場合、住民税は給与から天引きされています。

副業をしている場合、

本業の会社→税務署
副業の会社→税務署

へと所得金額が通知されます。

副業の会社が支払調書というものを税務署に送ります。

これを受け取った税務署は、本業と副業を合わせた住民税の額を、市役所を通して本業の会社に通達するんです。

これがバレる仕組みです。

スポンサーリンク

バレる仕組みは住民税の額が合わないからということですね。

ASPは税務署への通知はしない?

アフィリエイトの会社(ASP)は税務署への通知を行わないことが多いです。日本でASP最大手であるA8.netは税務署への通知をしません。アフィリエイター自身に任せています。

一概に全てのASPが税務署への通知をしないとは言えませんが、ASPにはこのような企業も多いということです。

注意して頂きたいことは、ASPの中にはマイナンバーの提出を求め、税務署に支払調書を送り、アフィリエイトの報酬金額を通知する会社も存在します。

ご自身でのASPに対してのしっかりとした確認が必要です。

会社に副業がバレないようにする方法

副業がバレる仕組みが分かってきたところで、どのようにすれば、副業がばれないか?

住民税の通知が税務署から会社に行かないようにしましょう!

住民税は「会社からの自動徴収」と「自分で納付」の二通りから選べます。

多くの会社は自動的に徴収するところが多いです。そのため、サラリーマンは楽に納税できているんです。

ここで、会社からの自動徴収を止め、自分で納付すればバレる確率を低くすることができます。

一手間かかりますが、収集を増やすためです。税金の勉強と思って、少し頑張りましょう。

豆知識として、アフィリエイト報酬が年間20万円以下の方は、確定申告を行う必要はありません。

アフィリエイト報酬を、年間20万円以下に抑えておくのも一つの手です。

スポンサーリンク

コメント