6千を超える仏像がある? ワットシーサケット

スポンサーリンク

ワットシーサケットについて

ワットシーサケットはラオスのビエンチャンの中では最古のお寺です。

1551年にセーターティラート王によって建てられました。

今の建物は王国時代の1818年に、セーターティラート王3世によって、建てられたものです。

セーターティラート王3世は王国最後の王です。そのため、遺産になりますね。歴史深い、、。

18世紀以降、ランサーン王国が分裂しました。そのため、ラオス国内は多くの戦いなどによって、大荒れとなりました。そして、多くの歴史的建造物が破壊されました。

しかし、このワットシーサケットは当時の形を残していたため、今でも非常に価値が高いと言われています。

その時代の建物で現在まで残っているのはこの「ワットシーサケット」だけなんです。

スポンサーリンク

ワットシーサケットの位置情報

このお寺の中には合わせて6千を超える仏像があると言われています。

中には戦争で壊されたものも。

本堂の中は撮影禁止なので、ご注意ください。

本堂内には全部で2052体の仏像があると言われています。

最後に

ワットシーサケットの出入り口には、お土産屋さんもあります。拝観後に旅の思い出として何か買うのもいいかもしれませんね。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

興味が湧いた方は是非行ってみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする