ラオスの観光地 ワットホーパケオ

スポンサーリンク

ワットホーパケオとは

1560年、ラオス最初の統一国家であるラーンサーン王国のセーターティラート王が、首都をルアンパバーンからビエンチャンに移しました。その時にエメラルドの仏像も移動させられたんです。恐らく結構大切な仏像だった、、?

そのエメラルドの仏像を安置させるためのお寺として、1565年にこのワットホーパケオは作られました。

しかし、その後、またエメラルド仏像は移動させられます。なのでワットホーパケオでは見れません。

現在は色々あってバンコクのワットプラケオにあります。

ワットホーパケオは、18世紀と19世紀頃にタイの二度の侵攻により、大ダメージを受けました。しかし、1930年代にフランスの手によって立て直されました。東南アジアの歴史は難しいですね。

位置情報

スポンサーリンク

場所はワットシーサケットのすぐ隣です。間にセーターティラート通りがあります。王の名前が入った通りなので、覚えやすく、アクセスは容易ですね。

入場料

ラオス人 2000kip

外国人 5000kip

ラオスの通貨はkip(キップ、またはキープと呼ばれます)で0を二つ後ろから取ればだいたいOKです。

77.68kip=1円(2018年3月10日時点)

ラオス通貨であるkipの価値は国際的に見てもとても低いと感じます。なので、特にkip→円への両替はラオス国内でしていきましょう。ラオス国外では両替してくれるところが全然ないそうです。

まとめ

現在、ワットホーパケオは博物館となっています。そのため、僧侶はいません。

本堂内部の撮影は禁止されています。マナーを守って観光してくださいね。

ラオスで歴史ある寺に訪れたい方は是非行ってみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする