最近話題のsnapmartとは? スマホで撮った写真が売れる時代に?お小遣い稼ぎに最適!

皆さんsnapmartというアプリを知っていますか?

どんなアプリだと思います?

実はスマホで撮った写真を売ることのできるアプリなんです。

一眼レフで撮った写真じゃなくて、スマホで撮った写真ですよ!

そんな時代になったんだなあと思います。

snapmartとは

スマホなどで撮った写真素材を売る、買うことのできるサービスです。

アプリもあります。現在はios版だけです。android版は開発中みたいですので、お待ちください。

普段何気なく撮っているスマホの写真を収益にすることができるのです。

インスタグラムにあげている写真などもありますよね。SNSにあげて、そのまま放置はもったいないです。また、iphoneのカメラロールに入っているその写真もお小遣い稼ぎに充てられますよ!

写真の価格

価格はサイズによって違ってます。

Sサイズ

縦800px以下×横800px以下

324円(税込)

Mサイズ

縦1500px以下×横1500px以下

540円(税込)

原寸大サイズ

縦1500px以上x横1500px以上

1296円(税込)

となっています。

売れやすい写真と売れにくい写真

むやみやたらにiphoneで撮った写真を売ればいいというわけではないです。

勿論、売れやすい写真と売れにくい写真が存在します。

売れやすい写真

・人物が移っている写真(企業側の著作権の問題で人物入り写真を取得することが難しい→sunapmartでは人物写真がたくさんあるため売れる)

・季節感がある写真(タイムリーな写真はその時すぐ欲しかったり、先取りで欲しかったりするので需要が高い)

・インスタグラムにあがっているオシャレさんや、風景と人物などの楽しそうな写真(アパレル会社や旅行会社に強い)

売れにくい写真

・ラーメン、レストランでの写真など(誰でも取れる写真のため、出品しても他の出品者の写真の中に埋もれてしまう。)

・風景写真(やはりこちらも誰にでも撮ることのできる写真のため埋もれてしまう。)

しかし、売れにくい写真でも、アプリを使って加工などをすれば売れる確率を高くすることができます!おしゃれ写真を作りましょう!

まとめ

sunapmartを私は最近までよく知りませんでした。

しかし、調べてみるととてもこれから伸びていきそうなサービスだなと思いました。

一眼レフで撮ったプロ並みの写真だけでなく、素人がiphoneで撮った何気ない写真も企業側は求めているのですね。むしろそちらの方が需要が高くなってきていると感じます。

是非、お小遣い稼ぎとして使用してみてくださいね!



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする