ヤンゴンの黄金の観光地 シュエダゴンパゴダに行ってきた

スポンサーリンク

ヤンゴンでの屈指の観光地、それがシュエダゴンパゴダです。

中心には黄金の仏塔が立ち、全体的にキラキラと輝く、ゴージャスな観光スポットです。

一日中参拝者が訪れ、いつも賑わっています。

私の友人、この場所で学校で借りた地球の歩き方を失くしました。笑

そんな悲劇もあったのですが、このシュエダゴンパゴダはヤンゴン屈指の観光地として、とても人気です。

シュエダゴンパゴダの基本情報

営業時間

朝の5時~夜の21時

料金

8000チャット

シュエダゴンパゴダの位置情報

ヤンゴン市内では北部に位置しています。

シュエダゴンパゴダについて

2500年前に建てられました。地震の影響で何度も壊れています。現在の建物は15世紀頃に建てられたものです。

1608年にポルトガルの探検家であるフィリプデブリトエニコてという人がシュエダゴンパゴダを占領し、パゴダ内の大事な鐘を奪いました。

この人は大砲を作るために、鐘を溶かすという目的がありました。鐘を運び、バゴ川を渡っている時に、鐘をそのバゴ川に落としてしまいました。そのため、鐘は二度と回収できなくなったのです。

それにしてもどんな鐘だったのでしょう。

入場方法

各方角に入り口があり、入場料を払います。

半ズボンだと入れない場合もあるので、長ズボンで行きましょう。

しかし、長いスカートのようなものを借りて中に入ることもできます。depositとして、何チャットか取られますが、出るときに戻ってきます。

スポンサーリンク

支払いが完了すると、入場チケットの代わりとなるシールを貼られます。靴は脱がなければならないので気を付けましょう。

シュエダゴンパゴダだけでなく、他のお寺などに入る際には土足禁止の場所は多くあります。そのため、靴入れを持っていくことをおすすめします。現地の人はナイロン袋を売りつけてきます。

ヤンゴン市内の他の観光地情報

スーレーパゴダが有名です。市街地中心近くにあります。スーレーとは聖髪という意味で、この場所には仏陀の聖髪が安置されているという言い伝えがあります。

ヤンゴンの中心の黄金のパゴダ スーレーパゴダ
ヤンゴンのチャイナタウンの近くに位置するスーレーパゴダ。別名スーレーパヤ。 シュエダゴンパゴダと共にヤンゴンを代表する観光地です。全体が黄金色に輝いています。...

まとめ

経済発展が凄まじい勢いで進んでいくミャンマー。アジアで一目置かれる存在になってきました。

国民の9割は仏教徒であるためか、優しい心を持った人が多い印象です。

そんな国の発展を今この目で見ておきたい!という方のミャンマー旅行へのタイミングは今しかありません!

是非訪れてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする