iphoneのapple payでsuicaを複数枚登録しよう!

IT

スポンサーリンク

2016年から始まったapple pay。

その中でも個人的に嬉しかったのは、suicaへの対応です。

駅の改札にて

交通系ICカードをタッチの時代→iphoneをタッチするだけの新時代が到来

へとどんどん私達の時代は便利になっています。

ICカードを財布から取り出すのって少し前まではそんなに苦ではありませんでした。しかし、朝の公共交通機関の混雑はえげつない(関西弁)ものがあります。

そこで、普段私達が常に触っているスマホ(iphone)で、駅の改札が通れるようになったことは革命的なことですよね。

suicaはapple payに登録できる!

実はsuicaのスマートフォン対応はandroidで既に対応されていました。iphoneは後からです。というよりiphoneは最近ですね。

apple payというiphoneの財布のようなものにICカードを登録するだけで、結構簡単に利用できます。

suicaはapple payに複数枚登録できる!

このapple payにsuicaカードを複数枚登録できちゃいます。

例えば、通勤定期券suicaと普段使いのsuicaなど。

または、会社の経費用のsuicaと普段使いのsuicaとか。

組み合わせは自由です。

めちゃくちゃ便利ですね!

suica定期券のメインカードへの設定を忘れずに!

suicaをapple payに複数枚登録できることは皆さん理解できたと思います。

スポンサーリンク

しかし、ここに落とし穴があります。

 

 

こんな状況

最初に普段使い用のsuicaを登録している。

そして、2枚目として、通勤定期券suicaを登録した。

いざ通勤定期券suicaを使って会社へ。

後から見ると、交通費が普段使い用suicaから引かれている!?

通勤定期券suicaが使われたことになっていない!

 

 

2枚目のsuicaをメインで使い時には、suicaのメインカード設定が必要なんですね。

この設定を忘れると、1枚目のsuicaがメインカードとしてそのまま継続利用されます。

1枚目のsuicaは登録時に1枚しかないため、自動的にメインカードに設定されているのです。

そのため、2枚目のsuicaを新しくメインカードに設定する必要があるんです。

まとめ

iphoneで使えるようになったsuica。

2枚目も使えるのは私も最近知りました。どんどん便利になっていきますが、便利すぎて見落としがちな点もありますよね。

落とし穴で、無駄金を消費しないように注意しましょう。

そのためには、新しいことに取り組む時には情報収集が重要です。

しっかり事前に調べて、便利なIoTライフを送りましょう。

スポンサーリンク

コメント