ルアンパバーンの街を一望できる!プーシーの丘に行ってきた

旅行

スポンサーリンク

ラオスのルアンパバーンには街を一望できる、プーシーの丘という小高い丘があります。
150mの高さがあり、夕焼け時はとても綺麗な景色を見ることができます。

途中までは無料で登ることができます。しかし、そこから先の頂上まではお金を払わないと進めません。頂上ではどの方向からでも景色を見ることができるため、観光客などに非常に人気の観光地です。
私が行った時は日は既に沈んでいたのですが、非常に多くの人で賑わっていました。

プーシーの丘とは?

プーシーの丘があるルアンパパーン市内は街全体が世界遺産に登録されています。プーシーの丘の頂上からは町のシンボル的存在であるメコン川とナムカーン川を一望できます。プーシーの丘からは360度の展望が可能となっています。そのため、観光客にとても人気の観光スポットになっています。頂上にはタートチョムシーという気に炉の仏塔が建っています。

プーシーの丘の位置情報とアクセス

周囲で主要な建物はルアンパバーン王宮博物館です。そこから徒歩では20分です。でも、徒歩でルアンパバーンを観光する人はあまりいません。 ルアンパバーン市内は鉄道などは無いので、レンタサイクルを借りて観光することをお勧めします。というよりもレンタサイクルが一番安上がりで、便利です。こじんまりとしたコンパクトな町なので充分に一日で周れます。

スポンサーリンク

プーシーの丘の営業時間と料金

料金は20000kipです。現在、ルアンパバーンの観光地のほとんどは20000kipに統一されているみたいです。

プーシーの丘の見所

こんな感じで階段をずっと上まで登っていきます。

頂上には金色の仏塔があります。タートチョムシーです。

これがプーシーの丘のシンボル的存在です。金色に輝いているので、途中からでも確認することができます。頂上は本当にたくさんの観光客であふれています。ルアンパバーン市内を一望してみてください。町には高い建物などはあまりありません。のんびりした町で心が落ち着いてきますよ!

スポンサーリンク

コメント