草コインとは?他の仮想通貨と何が違う?

草コインはshit coinという別名があります。
shitとは汚い、ダーティな言葉です。
日本ではshitが直訳されず、wというネット用語が流行っていることから草コインが定着しました。

仮想通貨の中で、bitcoinが1番時価総額が高く、主流なコインです。
それ以外のコインはアルトコインと呼ばれます。
アルトコインの中にはまだまだ時価総額が低く、1円にも満たないコインが沢山あります。そのような今はまだ価値が低いコインのことを草コインと言います。

今、仮想通貨の9割程を占めるのが草コインです。仮想通貨市場が大きくなっていると同時に草コイン市場も非常に盛り上がっています。

草コインはどこの誰が作ったのかよくわからないものもありますが、これからの成長が大きく期待できるものもあります。

そのため、今買い占めておくと、数年後にはすごい利益を挙げていることも考えられます。

しかし、逆につぎ込んだお金が0になる可能性もあります。その草コインの価値が0になれば、株券と同じようにただのコインになってしまいます。

このように草コインは夢を持たせてくれますが、1日や数時間とただのゴミにもなりうるギャンブルコインでもあります。

草コインに投資する際は、自己責任でお願いします。
もちろん、期待値が高い草コインにお金をつぎ込むことで、ゴミコインになる可能性を低くすることもできます。
よく調べて買いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする