【サラリーマン向け】副業でも、日本政策金融公庫でお金を借りられる!

就活

スポンサーリンク

 

ぐっちゃん
ぐっちゃん

今日は、日本政策金融公庫の融資について解説していくよ~

こんにちは、ぐっちゃんです!

 

今回は、サラリーマンが副業を始める時に、日本政策公庫から融資を受けられるのかということについて、解説していきます。

 

結論から言うと、可能です!しっかり公庫で借りることができます。
しかし、注意点やポイントがあります。そこを事前に押さえておきましょう。

会社員でも、日本政策金融公庫でお金を借りられる。

安心してください。サラリーマンでも日本政策金融公庫で融資を受けることは可能です。

 

副業が世の中に徐々に浸透してきています。日本政府の副業を推奨し始めました。そのため、サラリーマンにも積極的に融資をしようという姿勢があるようです。

 

ただ、さすがの日本政府金融公庫もお金を貸している団体。返せる見込みが無い人には、そう簡単に貸しません。

 

ちなみに、融資を受けやすいビジネスはだいたい決まってるんです。

・ネット通販

・インターネット広告

・太陽光発電

・不動産投資(公庫の人には賃貸経営と言いましょう)

 

これは何故かというと、サラリーマンは会社に長時間拘束されるため、同じく、長時間拘束されるビジネスは失敗しそうというイメージがあるからです。

 

例えば、飲食店とかですね。どうしても、店舗に足を運ぶことが多くなると思うので、緊急な対応が求められます。

 

そのため、公庫の人にはサラリーマンやりながら飲食店経営なんて本間にできんの?と思われる可能性が高いです。

 

でも、上記にあげたビジネスであれば、最初ガチでやり込み、ある程度軌道に乗ればちょくちょくメンテするだけですみそうですよね。特にインターネット広告業などはそうです。

 

不動産投資も、中々融資は厳しいのかな?と思っていました。でも、ネットで調べたり、不動産屋さんに聞いていると、意外と公庫に関しては緩く見てくれるらしいです。

 

でも、銀行に関しては最近、不動産投資への融資は渋っている印象です。

日本政策公庫から融資を受けるコツは?

一番のポイントは、計画性です!「この人にお金を貸したらきちんと戻ってくるのか」ということを見られます。それが全てと言っても過言では無いです。

 

そのため、事業計画をしっかりと立てましょう。成功する、失敗するは抜きにして、自分で返済計画を表にしてまとめてください。

スポンサーリンク

 

意外と熱意を見せることも重要です。日本政策金融公庫の融資担当者も人間。人間は情に弱いです。相手の懐に入るくらいの情熱性を見せましょう。

 

「自分は絶対にこの事業を成功させるんだ。きちんと、事業計画書、返済計画書も持ってきました。融資お願いします!」

 

という感じです。

 

間違っても、「会社の給料から最悪返せるので〜とか言っては行けませんよ?」

 

「この人は、事業の大変さをわかっていない。安易に考えているから破産する可能性もあるよな〜」と思われてしまいます。

 

とにかく、引かれない程度に、事業で成功する自信しかないという思いをぶつけましょう!意外と、その人の人間性も見られるようですよ?

自己資金があれば、日本政策金融公庫での融資は強い

融資の基本として、頭金や自己資金の多さは重要です。
自己資金がだいたい融資総額の1〜2割必要というのを、日本政策金融公庫の融資経験者から聞いたことがあります。

 

ただ、人によって全然評価は変わります。
繰り返しますが、人間性も見られるため、必ず自己資金(キャッシュ)が必要かというと、そうとは言い切れない部分があります。

 

あるに越したことは無いですけどね。

日本政策金融公庫に電話問い合わせしてみた

実際に日本政策金融公庫に「色々話聞きたくて~」と電話してみたことがあります。(2020年1月)
電話窓口の方はおっちゃんで、とても優しく対応して頂きました。

 

聞いたことと、回答はこんな感じ
(担当者によって、当然回答は変わると思います。あくまでも参考レベルでお願いします。)

 

・自己資金はいくら必要か?
→1割か2割くらい必要な可能性もある。ただ。これは融資を受ける人によって変わるため、何とも言えない。担保物件を持っているかどうかでも変わってくる。

 

・融資に年齢や年収は影響しますか?
→年齢はあまり影響しない。年収は少し影響するかもしれません。あくまでも、事業をして、本当に返せるのかどうかというところを見られる。返済計画書みたいなものを作りこんでおいた方が良い。

 

・この後の融資までのフローは?
→必要書類を日本政策金融公庫の担当者に提出。その後、面談日を決定。再度、来社ごその時に面談を実施。2~3週間後に融資の可否が通達される!

 

割とこのおっちゃんは親切な方だったのかもしれません。
聞けば、べらべら話してくれました。(もう少し色々聞いておけば良かった、、、、)

 

今回、迷ったらとりあえず聞いてみるということの大切さを実感。

まとめ

どうでしたか?サラリーマンの方でも、日本政策金融公庫で融資は可能だということがわかりました!

 

これからは、副業が当たり前になって行く時代です。初期投資が必要なビジネスを始めたい場合は、是非日本政策金融公庫を利用してみては?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました